【ジャズボーカル】今日のスタンダード曲 / Nica’s Dream

f:id:hibishiori:20180808090155j:image

みなさんこんにちわ!

ボーカルの日比しおりです。


ジャズの持ち歌、

増やしていきたいけど、

一体何から手をつけたらいいの?

そんなあなたへ!

 

プロボーカルなら歌えておきたい


こちらのタイトル

【ジャズボーカルのスタンダード曲集】

では、プロのジャズボーカルなら

全員歌えるといっても過言ではない

超スタンダード曲をご紹介していきます。

 

  1. 使いやすい
  2. ウケがいい
  3. 歌えたらおしゃれ!


3拍子揃った

プロボーカルのレパートリーを

お教えします!


1954年 Nica’s Dream

今日のスタンダード曲は、

『Nica’s Dream』

(にかず どりーむ)

f:id:hibishiori:20180808090340j:image
邦題は

『ニカの夢』です。


さぁ、

スムースビバップの世界へようこそ!

この曲を歌うことは、

歴史と音楽への敬意を

偉人たちと共有することとなります…!

 

まずは曲を聴いてみましょう!

  

今日はわたしが生まれ変わったらなりたい

ジャズボーカル

Dee Dee Bridgewaterさんの

(でぃー でぃー ぶりっじうぉーたー)

バージョンでお届けします!

 


Dee Dee Bridgewater - Nica's Dream

英歌詞を見てみよう

A song happy and gay,

A song that we know

All the musitians will play.

You know, so it would seem,

Everybody loves nica's dream.


A song loaded with love.

A sweet melody Given by angels above.

You know, so it would seem,

Everybody loves nica's dream.


She had a vision

That jazz would one day be

The music that's of

The future, you see.

Don't you agree?


We'll help to see that

Her vision will come true.

And all the world will be

Blessed by it too.


This song is here to stay my friend.

Just wait and see.

The people have made

It part of jazz history.

You know, so it would seem,

Everybody loves nica's dream.

和訳するとこんなかんじ

ハッピーに、華やかに、

ミュージシャン達が演奏するこの曲には

天使がくれた甘いメロディーで

愛に満ち溢れているんだ。

Nicaの夢をみな愛している。


彼女はジャズが

未来の音楽になると信じている。

それをみんなと信じれば、

きっといつか本当になる。

この曲はずっと生き続け、

世界中で祝福されるだろう。

この曲はジャズの歴史の中の一つになる。

Nicaの夢をみな愛している。


彼女が描いていたのは

みんなでジャズを楽しむことさ。

人々が織り成す音楽に満ちた

未来を見据えてた。

素晴らしいと思わないかい?


僕たちは彼女の夢を叶えようとしてる。

そして、

それは世界全ての願いとなっていった。


道行く人がこの歌に足を止めて

聴き入ってくよ。

この手でジャズの歴史が

創られている真っ只中さ。

君は感じてくれたかい?

僕らはみんなニカの夢を愛しているのさ。


知りたい!曲の背景

誰が作ったの?

作詞作曲者は

Horace Silver (1928-2014)

(ほれす・しるばー)

f:id:hibishiori:20180808090250j:image


個人的に最も敬愛する作曲者の

ホレス先生はハードビバップの神さま。

歌詞の中には

チャーリー・パーカーや

マイルス・デイビス、

セロニアス・モンク、

ディジー・ガレスビーなど

音楽を一緒に過ごした仲間たちの名前が

散りばめられているところも特徴です。

名曲のあゆみ

1954年に生まれたこの曲は、

実在する人物へ捧げた一曲でした。


ニカさんとは、

Pannonica de Koenigswarter(1913-1988)

(ぱのにか・どぅ・こーにんぐすうぉーたー)

という、ジャズ(特にビバップ)のパトロン、

後援者であった女性のことです。

f:id:hibishiori:20180808090306j:image

(美人さんだなぁ・・・)


突き抜けたお金持ちで、

彼女がこの家に生まれたときには

世界で一番お金持ちな家系でした。


ただお金持ちだから、

といっただけでなく

音楽への情熱や熱心さで

ミュージシャン達をバックアップしてきた

ニカの想いをこの曲に織り込んで

継承していこうとしたのでしょうか。

感動して、泣きそう。

プロボーカルから見る曲のポイント

ラテンからの4ビートからの

この曲は多くの場合

リズムチェンジがあります。

セクション[A]をラテン、

セクション[B]を4ビートで演奏します。

このとき、

[A]ラテンが終わって急に

[B]4ビートに切り替えずに、

[A]の16小節目には

ボーカルは

バンドがラテンのフィールでも、

4ビートを指で打って

指揮者になった気持ちで[B]へ

移りましょう。

むしろ16小節目の3拍目裏あたりから

もうバンドも4ビート入ってくる

時が多いので、

[B]4ビートへのマッシュアップは

ナチュラルに行けます!


『歌詞あるある』これってなに?

ところで、それだけ伝説の人として

名を残したニカさんでありますので

多くのミュージシャンが

彼女の言葉にアンサーする本があります。


それがこちら。

f:id:hibishiori:20180808090515j:image


ニカさんの

『あなたの3つの願いは?』

という質問に、

なんと300人のミュージシャンが

アンサーインタビューをしています。

英語版とフランス語版があるので、

訳しやすい方をお手にとって

みてください。

日比しおりのまとめ

1.使いやすい

品のあるビバップジャズ、

フロントホーンがお見えの時には

映えること間違いなしなので、

ぜひ選曲したいです!

2.ウケがいい。

ビバップ曲の中でも

歌詞も濃くてスムージーで

おしゃれです。

ジャズを知らなかったとしても、

ジャズ、かっこいいなぁ!と

素直に思える一曲。

3.歌えたらおしゃれ!

聴いてるだけでも難しい歌。

しっかりとしたテンポ感覚が

必要となり、ズレないでスムーズに

終えた時なんてもう

キマッター!ってなります!

かっこいい!!

 

いかがでしたか?

ではでは、次回もお楽しみに!

ありがとうございました!